CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
にほんブログ村 グルメブログ スローフードへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
ARCHIVES
CATEGORIES
【会社概要】
ふるさと海士は、「日経スペシャル ガイアの夜明け」でも特集された「島風便」製造元のCAS凍結センターと海士乃塩の製塩を行う海士御塩司所のふたつの製造部と、菱浦港にあるキンニャモニャセンター内の産直市しゃん山・レストラン船渡来流亭・特産品販売島じゃ常識商店の3店舗の販売部からなる会社です。
【CAS凍結センター】
★業務概要:「日経スペシャル ガイアの夜明け」で紹介された旬感凍結CAS凍結システムを活用して、隠岐近海産の魚介類を中心とした商品の製造を行っています。★主な商品:白いか・岩がき「春香」・シマメ(スルメイカ)・緋扇貝・サザエ・炊き込ご飯・グラタン・ドリアなど。
【海士御塩司所】
【海士御塩司所】 海士乃塩・Salann Oki・山椒塩・鰹節塩・ハイビスカス塩・唐辛子塩などを製造しています。
MOBILE
qrcode
<< 〜島風便〜『いか・いか』WEEK! 「寒シマメ」・・『がいなこと』あっかいなぁ〜。と、期待していたのですが・・ | main | 〜島風便〜『いか・いか』WEEK!総集編!「寒シマメ」は大時化〜月夜でやや低調!でも、・・・ >>
〜島風便〜「寒シマメ」だから旨い!冬の炊き込みご飯!海士では「いかご飯」ですよ。

「シマメ」噛むか!(=食べるか。)※シマメ(=するめいか)

「シマメ」の旬は寒!大量に獲れるのも寒!寒の「シマメ」は脂がのって旨い!肝がシャン!としておっわい。

そんなことで、町内のアチラコチラに出回るのが「寒シマメ」です。

朝どれ「白いか」のような繊細な甘みは少ない。が、ネットリと噛めば噛むほどに味わい深さを感じます。


家庭では、刺身、丸焼き、フライ、「いかの子」は、煮付けか和えるか、それとも吸い物か、そして、「寒シマメ」独特の「いからしい」香りが家の中で広がるのが「いかご飯」(=寒シマメの炊き込みご飯)です。

北海道の「いかめし」は有名!でも、海士では「炊き込みご飯」。地方独特の味わい方だろうと思います。家庭で食べる「炊き込みご飯」、冬の定番は「いかご飯」なのです。

炊きあがった「いかご飯」は、とにかく「いか」の味!風味!ちょっとだけ海の塩味!ご飯と一緒に噛むことで更に味わい深く、なんとも嬉しくなります。


お取り寄せは【離島通販】島風生活
いかご飯」販売中!チョットだけ「肝」入り。稀少な「いかの子」入り!
店長ブログはコチラ!
http://shimakazelifetencyou.blog47.fc2.com/blog-category-8.html

株式会社ふるさと海士 奥田和司


| 商品情報 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://furusato-ama.jugem.jp/trackback/460
トラックバック